文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導5

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「ふう。やっと研修医のカルテ記載チェックできた。ふだんの診療だけでいっぱいいっぱいなのに、研修医指導って本当に重荷だよなあ」
D「なにをいうか、指導は重荷なんかじゃないんだぞ」
S「うわっ。D先生、呼んでもないのにいきなりでてこないでくださいよ」
D「俺がどこにいようが、俺の勝手だ。お前さんに指図を受けるいわれはない」
S「まあ、そうですけど。でも、さっきの"指導は重荷じゃない"ってどういう意味なんですか」

D「文字通りの意味さ。指導をしないより、指導をしている方がずっと楽なんだぜ」
S「え~、それはないでしょう。いくら長谷川豊でもそこまで言いませんよ」
D「長谷川関係ない、いうとるやろが!ほんまやで。指導していたほうが楽になるんや」
S「そのインチキ関西弁止めてください」
D「いいか。医者は一生勉教だ。日進月歩で進歩する医療において、医者の生涯学習は必然だ」
S「それは分かりますけど」

D「日本では"ノウハウ主義"と"経験主義"が横行している。"ノウハウ主義"と"経験主義"ってのは経験を積んで、いろいろなシチュエーションに対して"こういうときは、ああする"というパターンを蓄積していくことだ」
S「そうですねえ」

D「医者になって7、8年も経てば、患者に起きるたいていのことは経験できるようになり、経験値は十分に高くなる。"ノウハウ"で診療しているだけなら、病棟ではつつがなく振る舞うことができるようになる」
S「うーん、耳が痛い。そのとおりです」
D「だから、日本の医者は年齢が上がると勉強しなくなるんだ。でも、普通逆だろ。年齢が上がると肉体の、そして頭脳の能力は衰えていく。若いときのようにはいかない。だから、若いときよりも本当は努力や工夫が必要なんだ。イチローやカズが長く現役でいられるのは、若手以上に努力と工夫を重ねているからだろ」
S「確かに」

D「なのに、日本の医者は"ノウハウ"と"経験"だけに頼るから、ベテランになると努力しなくてよい、と勘違いしてしまう。そりゃ、"ノウハウ"も"経験"も大事だよ。でも、それだけじゃだめだ」
S「うーん、今の説得力ある!たしかに日本ではベテラン、勉強しないですもんねえ」
D「アメリカには定年がないから、何歳になっても現役でいられる。"診断の神様"ローレンス・ティアニーJrもいまだに現役バリバリで患者を診てる。今でもNew England Journal of Medicineを丁寧に読み込んでいる。天才というのはたいてい、努力の仕方が極めて優れている人をいうんだ」

S「でも、それと研修医教育とどう関係があるんですか?」
D「あのな、いくら生涯学習が大事と言っても、何もインセンティブがないまま勉強し続けるのは難しい。モチベーションがすぐになくなっちまう。日本の場合は専門医資格の更新も(たいてい)楽だから、あれも勉教継続の担保にはならない」
S「あああ、また毒吐いてるよ」

D「しかし、研修医を教えていれば、一所懸命教えていれば勉教するモチベーションになる。"ちゃんと"教えようと思ったら勉強しないとダメだからな。というか、そもそも教えるという行為が"学び"そのものだ。繰り返し教えると、記憶は強化されるからな。俺みたいな年になると、何もしてないとどんどん忘れていくんだよ」
S「まあ、D先生ももう人生下り坂ですもんね」
D「そうそう、人生折り返し地点はとっくに回って、もう老後の心配を、、、ってなに言わせんだ!」

S「このノリの良さは関西人も顔負けだ、、、」
D「でも、"指導が重荷じゃない"理由はそれだけじゃあない。他にもあるんだぜ」
S「え?」

第5回「指導は重荷ではない」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2016年11月18日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット