文字サイズ
標準
大きく

当たり前のようにやっているけど、実は間違い? 美白化粧品の効果、パッティング...

アンチエイジング大賞2016受賞者も発表

   川島教授の講演ではこの他にも、エイジングスタイルでも取り上げてきた、正しい日焼け止めの使い方や、「SPF」「PA」の意味、「オーガニックコスメはアンチエイジングにいいのか」「アレルギーやニキビの人は化粧品を使ってはいけないのか」といった、知っているようで知らないトピックも多数取り上げられた。

   こうした化粧品や美容に関する知識を深めるため、川島教授が専務理事を務める日本コスメティック協会では、「コスメマイスター」「スキンケアマイスター」といった、さまざまな検定制度を用意しているという。

   セミナーでは東京女子医科大学附属女性生涯健康センターの皮膚科医である、田中志保医師による紫外線や光老化に関する講演後、「第10回 アンチエイジング大賞2016」の受賞者も発表された。

   「男性部門」は俳優の佐々木蔵之介さん(48)、「女性部門」は女優の斉藤由貴さん(50)が受賞し、協賛企業であるアンファー株式会社の「アンファー特別賞」には、リオオリンピックで男子柔道の監督を務めた井上康生さん(38)が選ばれた。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事