文字サイズ
標準
大きく

電動アシスト付き自転車に挑戦してみた 「座りすぎ」生活にサヨナラ

   坂道もすいすい登れる電動アシスト付き自転車。子連れでの移動や買い物には便利だが、運動目的にはもの足りない。しかし「座りすぎ」の人にとっては、健康増進効果が期待できるらしい。

運動強度はエアロビやテニスと同程度

運動習慣がない人にもおすすめ
運動習慣がない人におすすめ

   近年、注目されている「座りすぎ」のライフスタイルは、肥満や糖尿病、冠動脈疾患などのリスクファクターになり、死亡リスクを高めることが明らかになっている。

   車通勤の人が多い米国でも「座りすぎ」は深刻な問題だ。座ったまま会社へ行ってデスクワークをこなし、座ったまま帰宅。自宅でもソファでゴロゴロ...という人も少なくない。

   そんな中、米コロラド大学ボールダー校の最新の研究で、電動アシスト付き自転車が運動不足の人、とくに「座りすぎ」の人の健康状態の改善に役立つことがわかった。

   研究者らは、運動の習慣がなく、通勤時も車を利用するなど座っている時間が長い20人のボランティアを対象に調査した。事前にヘルスチェックを行い、身体組成、最大酸素消費量、血圧、血中脂質、血糖値を調べ、その後4週間、少なくとも週に3回、1日40分以上乗ることを条件に電動アシスト付き自転車で通勤してもらった。また、運動強度を測定するため、参加者は乗車時に心拍計とGPSを装着した。

   4週間の平均移動距離と時間は約318㎞、16時間で、自転車をこいでいるときの運動強度は平均4.9METs。METsとは運動強度の単位で、安静時と比較して何倍のエネルギーを消費するかで活動の強度を示したものだ。『改訂版身体活動のメッツ(METs)表』(国立健康・栄養研究所作成)を見ると、5METsは軽度のエアロビックダンスやテニス、早歩き(6.4km/h)など、「ほどほど」あるいは「ややきつめ」の活動に相当する。普通の自転車で通勤する場合は6.8METsだが、アシスト付きでもそこそこ運動になるということだろう。

   また、ヘルスチェックでは、血糖コントロールや最大酸素消費量に改善が見られ、電動自転車が「座りすぎ」の人々の心臓血管の健康に役立つことがわかった。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット