文字サイズ
標準
大きく

がんでもおしゃれを楽しんでキレイに! 12月3日、聖路加国際大でフォーラム

   がんになると、そのショックからおしゃれを楽しんで、キレイになることから切り幅されてしまう人も少なくない。

「がんでも人生バラ色〜がん患者のぶっちゃけ『キレイ学』《がんサバイバーシップフォーラム》」
「がんでも人生バラ色〜がん患者のぶっちゃけ『キレイ学』《がんサバイバーシップフォーラム》」

   がん患者にとって、おしゃれやキレイというキーワードがいかに大切か――「がんでも人生バラ色〜がん患者のぶっちゃけ『キレイ学』《がんサバイバーシップフォーラム》」が2016年12月3日13時から聖路加国際大学アリス C.セントジョンメモリアルホール(東京都中央区明石町10-1)で開かれる。

   乳がんサバイバーである、エイジングスペシャリストの朝倉匠子さん、ジュエリーデザイナーの山吹祥子さん、美容ジャーナリスト山崎多賀子さんの3人が体験談を交え講演する。また、がん患者の心理について、聖路加国際病院精神腫瘍科部長の保坂隆医師が解説。

   会場では、治療中も自分に自信が持てるメイクの実演や、おしゃれなウイッグや下着などを展示したブースも設けられる予定。

   がん患者だけでなく、その家族、サポーターやがん医療従事者なども参加可能。定員300名で参加費1300円。
申込みはこちらから

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット