文字サイズ
標準
大きく

うるおい成分の「ヒアルロン酸」ってどんなもの? 機能や効果、問題点など研究が進む

   化粧品、サプリメント、医薬品...さまざまな分野で使われているヒアルロン酸。よく聞く名前だが、そもそもどんなものなのか。医師や研究者らが参加する「ヒアルロン酸機能性研究会」の学術大会に記者も出席し、ヒアルロン酸の基本と最新の動向を聞いてきた。

ニワトリのとさかからも抽出される(画像はイメージ)
ニワトリのとさかからも抽出される(画像はイメージ)

ニワトリの鶏冠や乳酸菌発酵で作られる

   学術大会は、2016年9月29日に東京大学弥生講堂で行われた。

   最初に、研究会の副会長で東邦大学客員教授の漆畑修氏(宇野皮膚科医院院長)が、ヒアルロン酸の基本情報を講演した。

   ヒアルロン酸は、人の体の中にもある。特に皮膚、関節、目に多く含まれていて、皮膚では乾燥防止に、関節ではクッション代わりに、目では形の維持に役立っている。

   現在、化粧品や食品などに使われているヒアルロン酸は、ニワトリの鶏冠(とさか)から抽出されたり、乳酸菌などによる微生物発酵法で作られたりしているという。

   経口摂取した際の肌の水分量アップやキメ改善のほか、関節の痛み緩和への効果が研究されており、今後の基礎研究が進むことで、QOLの貢献がますます高まると述べた。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

4月3日現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット