文字サイズ
標準
大きく

正確に内臓脂肪が測定できるシステム 家庭用体組成計に搭載され一般販売へ

毎日乗っていると意外に気になる体組成計(画像は筑波大学プレスリリースより)
毎日乗っていると意外に気になる体組成計(画像は筑波大学プレスリリースより)

   筑波大学体育系の田中喜代次教授と辻本健彦特任助教の研究グループは、腹腔内に存在する脂肪「内臓脂肪」の体積から、正確な内臓脂肪レベルを評価する新たなシステムを開発した、と発表した。

   この研究成果を搭載した家庭用体組成計は、エレコム株式会社の体組成計ブランド「HELLO」から、「HCS-FS01シリーズ」として2016年12月上旬から発売予定。

   内臓脂肪とは腹腔内に存在する脂肪細胞で、主に腸間膜や大網膜付近に多く分布している。皮下脂肪に比べて脂肪の合成や分解が活発で、メタボリックシンドロームの主要なリスク因子として知られ、生活習慣病リスクを評価するうえでも、内臓脂肪の測定は不可欠だった。

   これまでにもへそ位置の内臓脂肪の面積を基準とし、内臓脂肪レベルを推定・表示できる家庭用体組成計は存在しているが、近年の研究では内臓脂肪の評価に、面積では不十分であるとの報告されていた。

   田中教授らは、さまざまな体型、体格の20歳から70歳までの男女を対象に、MRIを用いて腹部を1センチ厚、1センチ間隔で断面画像を撮影し、内臓脂肪の下端から上端まで、最大で24枚の画像から、面積ではなく体積を算出。

   さらに、体脂肪率や骨格筋率、骨塩量を測定し、これらの体組成指標から内臓脂肪レベル(体積)を推定する式を作成した。

   その結果、高い精度で内臓脂肪レベルを評価できる推定式が得られ、これらの推定式を搭載した家庭用体組成計の開発・販売が実現したという。なお、HCS-FS01シリーズでは体重・内臓脂肪レベル・BMI・体脂肪率・骨格筋率・骨量・基礎代謝の7項目が測定可能となっている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

「話題の最新技術で健康がどう変るのか?」をテーマに2月2日開催

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット