文字サイズ
標準
大きく

タクシー運転手の眠気が減った ゆるやかな糖質制限「ロカボ」の最新情報

   いま、ゆるやかな糖質制限「ロカボ」の食べ方は、糖尿病や肥満、メタボリックシンドロームの予防につながると注目されている。

   タクシー会社の中には、運転手の食事管理にロカボを取り入れ、「眠気防止」に効果をあげているところもある。

記者発表会でロカボの最新動向を解説する山田悟医師
記者発表会でロカボの最新動向を解説する山田悟医師

   ロカボ提唱者で北里大学北里研究所病院 糖尿病センター長、アンチエイジング医師団の顧問団メンバーでもある山田悟氏(一般社団法人 食・楽・健康協会代表理事)が2016年11月14日、記者発表会で研究の興味深い最新動向を伝えた。

1食40グラム以下の糖質量にコントロール

   山田医師が都内のタクシー会社と共同で行っている研究「ロカボチャレンジ」の概要はこうだ。

   タクシー会社で働く人たちは、不規則な勤務体系や運動不足、食事の偏りなどの課題があり、生活習慣病を発症するリスクが高い。その状態を「ロカボ基準」にコントロールすることで改善できないかというチャレンジだ。

   「ロカボ基準」とは、1食あたり糖質量20~40グラム、おやつ10グラムまでで、1日の総糖質量を130グラム以下にするというもの。今回のチャレンジは、3か月間に渡り実施された。

   その結果、血糖値や体重の減少がみられた。今回、新しい知見として「睡眠の質」の改善にも役立つことがわかったという。

   具体的には、ロカボな生活をした運転士の3分の2は、運転中の眠気が減った。そればかりか、睡眠時無呼吸の頻度が減ったり、睡眠時の良好な(深い)睡眠時間の比率が増えたりした。

   山田医師によると、これだけ改善させるのは、既存の食事療法などの生活習慣介入ではなかなか難しかったという。

   ちなみに、この記者発表会の直前、「通常食」でおにぎり2個と野菜のスムージーを食べて、糖質をたっぷりとった記者は発表会の最中、強い眠気に襲われた。もし、ロカボ食を食べていたら、違ったかもしれない。

注目情報

「話題の最新技術で健康がどう変るのか?」をテーマに2月2日開催

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット