文字サイズ
標準
大きく

男性の第一印象は、顔の横幅が影響する

   人は見かけによるときと、よらないときがあります。

   人の能力や価値の判断材料として、「見た目」が影響することはよくあります。よく「人の価値のほとんどが見た目で決まる」とか「見た目で人生が決まる」などと言われることがありますが、それは本当に正しいのでしょうか。

   心理学の観点から見ると、そのような見た目主義の考えは、少しは当たっているけれど、ほとんどは思い込みだと考えられています。

   今、私たちに必要なのは「見た目を養う」のと同時に、「見る目を養う」ことです。このコラムでは心理学などの科学研究の例を紹介しながら、人の外見的な印象や魅力が顔や身体のどのような特徴によるものか、また、心や脳の仕組みによってどのように感じられるのかについて、明らかにしていきます。

   今回紹介するのは、人は見かけによる例で、顔つきにその人の内面が表れるという研究です。

男らしい印象の人は男性ホルモンが高い

   顔つきは、遺伝的な特徴や思春期(第2次成長期)に分泌されるホルモン量などが影響すると言われています。

図1
図1

   特に、男性は、男性ホルモンの代表であるテストステロンが作用することで、頬骨や下顎、眉弓(眉毛の下に広がる額下の骨)が張りだしたり、ヒゲが濃くなったりして男性らしい顔つき体つきになっていきます[1]。テストステロンの影響が強くなると、顔の横幅がより広くなりがちです。その指標となるのは、顔の横幅と高さの比(facial width-to-height ratio: fWHR)です(図1)。

   fWHRが大きい男性は、男らしい印象がより強くなります。そして、がっしりとした体つきになる傾向も高くなります。心理的には、テストステロンの影響が強い男性は、目標に向かって頑張ったり、仲間に対して積極的に関わったり、さらには仲間のために自己犠牲もいとわない、などのポジティブな側面があります[2]。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット