文字サイズ
標準
大きく

インフル患者報告数激増、昨年同時期の約10倍に 1週間の受診者数は約10万人か

   厚生労働省は2016年12月2日、2016年47週(11月21~27日)までのインフルエンザ発生状況を発表し、患者報告数が着実に増加しつつあり、8843件に達したことを明らかにした。

今からでも予防接種はしておきたい(画像は厚生労働省インフルエンザに関する報道発表資料2016年12月2日より)
今からでも予防接種はしておきたい(画像は厚生労働省インフルエンザに関する報道発表資料2016年12月2日より)

   今年は例年よりも早く、2016年46週にインフルエンザが流行シーズンに入っており、昨年の同時期の報告数は919件で、すでに9.6倍に達している。

   都道府県別に報告数を分析すると、沖縄県、栃木県、福井県、岩手県、北海道、石川県、福島県、富山県、山梨県、群馬県が報告数上位10位となっている。全国で警報レベルを超えている地域はない。

   38都道府県で前週の報告数よりも増加がみられるが、8県では前週の報告数よりも減少がみられたという。

   報告をもとに全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約10万人となり、前週の推計値約7万人よりも増加。これまでの累積の推計受診者数は約36万人となった。

   国内のウイルス検出状況をみると、直近の5週間(2016年第43~47週)では AH3(いわゆる香港型)亜型の検出割合が多い。

   流行しやすい年齢層はウイルス型によって多少異なるが、報告されている年齢別受診者数は5~9歳が約2万人と多いものの、それ以外のほぼ全年齢で約1万人となっており、すべての年齢層が感染に注意する必要がある。

   厚労省では、「咳エチケット」の徹底やインフルエンザワクチンの予防接種など、予防対策を積極的におこなうよう呼びかけている。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット