文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導21

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「いやあ、D先生、やっちゃいました」
D「どうした?病院のカネでもごまかしたか?」
S「そんなことしませんし、ぼくにはそんな権限ありません」
D「言ってみただけだ。君みたいな真面目が服を着たような秀才くんがそんな度胸あるわけないもんな」

S「だからどうして罵倒されるんですか?」
D「で、なにをやらかした?」
S「いやあ、先月の研修医のフィードバックでけっこう厳しいこと書かれちゃったんですよ。"S先生は指導に一貫性がない"って。あまり厳しいこと言われ慣れてないので落ち込みました」

D「だめだなあ。他人からちょっと厳しいこと言われたくらいですぐ凹むんだから、ゆとり世代は」
S「そりゃ、D先生はむちゃくちゃ叩かれなれてますからねえ」
D「そんなことない。俺は"やられたらやり返す、倍返し"派なのはみんな知ってるから、俺を叩いてくるやつはそうそういない」
S「確かに」

D「しかし、S先生。"一貫性がない"は指導医に対する失格宣言だ。最悪の指導医とは、一貫性がない指導医のことだからだ。これはひどいことを言われたねえ」
S「ええ?そうなんですか?暴言吐きまくりとか、態度が悪いとか、セクハラしまくりとか、そういう指導医が"最悪"なんじゃないんですか?」
D「こっち見て言うな!もちろん、そういう指導医も問題だが"最悪"ではない。最悪な指導医とは、あるときは"なんでこんなことで俺を呼ぶんだ!"と怒り、別なときには"なんでこんなになるまで俺を呼ばなかったんだ!"と怒る指導医だ。研修医はどうしていいのかわからなくなり、ダブルバインド状態に陥る。最悪だろ」

S「うう、確かに。でも、ぼくの中では一貫しているつもりだったんですが」
D「だからダメなんだよ。なぜそこに気づかない?」
S「え?」

第21回「言動は一貫させよう、ただし」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2016年12月12日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット