文字サイズ
標準
大きく

ノロウイルスに効果的な薬はない! 基本の予防と対策を徹底しよう

手洗いは念入りに!
手洗いは念入りに!

   ノロウイルスなどの感染性胃腸炎が猛威をふるっている。国立感染症研究所によると、2016年12月4日までの1週間に、ノロウイルスなどの感染性胃腸炎の患者は、1医療機関あたり17.37人で、前の週の12.85人から増加した。

   過去10年間で、同じ時期としては2番目に多い患者数。昨年の同じ時期と比べても、大幅に増えている。ノロウイルスは、主に冬から春先に流行するが、今年は例年より早い時期から患者が多くなっており、専門家は対策を呼びかけている。

乳幼児や高齢者はとくに注意

   ノロウイルスは手や食べ物についたウイルスが口から入り、感染する。カキなど二枚貝にもウイルスがついていることがあり、十分に加熱して食べることが大切だ。発症すると、下痢や嘔吐を繰り返し、頭痛などの症状が出る。通常1~2日で症状はなくなるが、抵抗力の弱い乳幼児や高齢者などは、脱水症状を起こしたり、吐しゃ物をのどに詰まらせたりして死亡するケースもあるため、注意が必要だ。

   直接ウイルスに効果がある薬などはない。予防の基本は、入念な手洗い。手洗いによく使われる石けんやアルコール製剤には効果がないため、手をよくこすり、汚れを洗い流すことが大切だ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット