文字サイズ
標準
大きく

インフル、今年は早くから流行 今からでもワクチンを打とう

こうなる前に、早めの対策を
こうなる前に、早めの対策を

   インフルエンザの流行が本格化している。厚生労働省によると、2016年12月4日までの1週間に全国から報告された患者数は1医療機関あたり平均で2.49人と、流行開始の目安とされる「1」を超え、前の週の1.79人からさらに増えている。特に栃木、千葉など関東での流行の広がりが目立っている。今シーズンは、高齢者が重症化しやすいA香港型が主流とみられ、肺炎を引き起こす恐れがあるため注意が必要だ。

ワクチンは重症化を防ぐ

   インフルエンザの予防接種を打つべきか否かについては毎年さまざまな意見が出る。「打たない」派の言い分は、ワクチンとインフルエンザの型が合わなければ、かかってしまう可能性があるため、接種費用の無駄というものだ。

   しかし、DAA(アンチエイジング医師団)のメンバーで神戸大学感染症内科教授の岩田健太郎氏によると、
「ワクチンには、その人が持っている免疫力を高める効果があります。免疫力の高まり方には個人差があるので、同じワクチンを打っても、誰でも同様の効果が得られるわけではありません。ですから、ワクチンを接種してもかかりやすい人とかかりにくい人がいるのは確かです。しかし、ワクチンは、打たなかった場合と比べて発症しにくくする、あるいは重症化を防ぐなどといった『相対的なリスクを減らす』役割を果たします」

   岩田氏は、とくに妊婦や高齢者、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息、免疫不全の患者など、重症化しやすい人はなるべく接種するよう勧めている。

   また、一昨年まではワクチンの対応するインフルエンザの型が3種類のみだったが、昨年からワクチンがA型株2種類、B型株2種類の計4種類に対応するようになり、カバーできる確率はより高くなっている。あくまでリスクを下げるものであって、接種したから感染リスクがゼロになるというものではないが、心配な人は受けておいた方がいいだろう。ワクチンは生後6か月以上から接種できるが、日本小児科学会では1歳以上からの接種を推奨している。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット