文字サイズ
標準
大きく

職業と外見の関係から「魅力」を探る(上) 職業プロトタイプ

   心理学などの科学研究の例を紹介しながら、人の外見的な印象や魅力が顔や身体のどのような特徴によるものか、また、心や脳の仕組みによってどのように感じられるのかについて、専門家である川畑秀明氏(慶應義塾大学文学部心理学准教授)が明らかにしていくコラムです。

   今回は、職業と外見の関係についてです。2回に分けてお話しします。

銀行員は「真面目で固い」は本当?

   私は大学で、教員・研究者として働いています。皆さんは研究者というと、どのようなイメージをもっていますか? 知的で真面目で偏屈で...そのような内面(パーソナリティ)を有していると思われるでしょうか。

   では、外見はどうでしょう。映画では、ハリソン・フォード演じるインディー・ジョーンズや、トム・ハンクス演じる『ダ・ヴィンチ・コード』のラングドン教授など、大学の研究者のファッションと言えば、ツイードのジャケットにジーンズ。エレガントなイメージはないかもしれません。

   私は普段、スーツを着て仕事をしていますが、大学にはいろいろな服装の人がいます。ジーンズにTシャツの人も少なくないですし、どのような服装でも研究者としての仕事に差しさわりはありません。外見で個人の能力が評価されてはならないし、それは研究者に限らず、どのような職種においても「基本的に」当てはまります。

   しかし、私たちは、ある特定の職業に就く人物に対するイメージを持っています。例えば、銀行や保険会社のような金融機関で働く人は、真面目で固く、外見にもそのことが伺えるであろうと私たちは思い込んでいます。そうした固定観念が、内面にも外見にも「こうあるべき」という要求を引き起こすのです。その職業の人物らしさを「職業プロトタイプ」と呼ぶことがあります。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット