文字サイズ
標準
大きく

ネットで偽造ED治療薬があふれている! 本物との見分け方は? まずは医療機関で診察を

   インターネット上で購入できるED(勃起不全)治療薬の約4割が偽造品――製薬会社4社による調査で驚くべき実態がわかった。

   海外からの持ち込み件数も急増しているようだ。2015年に日本の税関で差し止められた偽造薬は1030件と、10年前の約100倍に。その大半が偽造ED治療薬だという。なぜ偽造ED治療薬が蔓延するのだろうか。

健康被害も多数報告

   ED治療薬といえば、まず「バイアグラ(一般名:シルデナフィル)」を思い浮かべるかもしれない。このほかにも現在国内で承認され、販売されているED治療薬は、「レビトラ(一般名:バルデナフィル)」「シアリス(一般名:タダラフィル)」があり、シルデナフィルのジェネリック医薬品もある。

   日本には問屋制度が存在するため、医療機関や薬局で購入する医薬品はまず間違いなく正規品だ。問題があるのは、個人輸入などを装ってインターネット上で販売されているものだ。

バイアグラの偽造品の一例。一見しただけでは真正品との違いは判断できない
バイアグラの偽造品の一例。一見しただけでは真正品との違いは判断できない

   2016年11月24日に、ファイザー、バイエル薬品、日本新薬、日本イーライリリーの4社が合同で行ったプレスセミナーで、同社が調査会社を通じ、インターネット上の個人輸入代行業者が「海外製の本物」「ジェネリック製品」などとして販売していたED治療薬45品を購入。鑑定したところ、35.6%が偽造品だったことが判明したと発表。

   偽物でも効果が同じなら構わない、などと考えてしまうかもしれないが、偽造品の品質はまったく予想がつかない。有効成分の量が間違っていたり、不純物が混入していたり、そもそも有効成分が全く入っていないものもある。

   こうした偽造薬によるものと思われる健康被害も多数報告されている。「気分が悪くなった」「不整脈が出るようになった」「意識不明になり救急搬送された」など症状もさまざま。2011年には呼吸困難で死亡した男性から、偽造ED治療薬を服用した痕跡が見つかった。最悪の場合死に至る可能性もあるのだ。

   インターネット上で購入する方が安いという意見もあるが、シアリス(20ミリグラム)を例に挙げると、医療機関で正規品を購入した場合2014円だが、インターネット上での販売価格を見ると、1222~3863円と、必ずしも正規品より安くないものもある。

   効果がないどころか健康被害にあう可能性があるものを、わざわざ正規品よりも高価格で買わされるリスクもある。注意が必要だ。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット