文字サイズ
標準
大きく

死亡リスクが低い人たちの特徴とは? 米11万人以上の生活習慣解析から分かった

   早く死ぬリスクが低い人の特徴は、BMIが「18.5~22.4」で、4つの健康的な生活習慣を持っている――米ワシントン大学やハーバード大学医学大学院、ブリガムアンドウィメンズ病院による研究結果だ。

BMIに加えて生活習慣のバランスが重要
BMIに加えて生活習慣のバランスが重要
   研究では、米国の看護師、医療従事者を対象とした大規模な追跡調査、「Nurses' Health Study(1984~2008)」「Health Professionals Follow-up Study(1986~2008)」から、調査開始時点ではがんや心血管疾患だと診断されていなかった、男女11万3866人のデータを解析している。

   まず、BMIによって「18.5~22.4」「22.5~24.9」「25.0~29.9」「30以上」の4グループに分類。

   さらに、「1週間の運動時間による身体活動量」や「喫煙習慣の有無」、「1日の飲酒量」、食事の質の指標「AHEI-2010」をもとに、「運動」「喫煙」「飲酒」「食事」からなる被験者の生活習慣の健康度も調査し、どのような組み合わせの人が、死亡リスクが最も低くなっているのか分析した。

   その結果、「運動」「喫煙」「飲酒」「食事」のすべてが健康的(身体活動量が高い、喫煙習慣がない、飲酒は適量、食事が健康的)な場合、BMIが低いほど死亡リスクが低下していた。

   同じBMIでも、生活習慣の状態によって死亡リスクは異なり、BMIが「18.5~22.4」で、4つの生活習慣のうち3つが健康的であると判断された人は、同じBMIで4つすべてが不健康である人に比べ、全死因リスクが61%、がん死亡リスクが60%、心血管疾患死亡リスクも63%低下していたという。

   また、BMI「30.0以上」だったとしても、4項目のうち1つだけでも健康的な項目があれば、すべてが不健康な人に比べてリスクが有意に低下している。それだけ生活習慣の健康効果は大きいといえる。研究は、2016年11月24日、英国医師会誌「The BMJ」オンライン版に掲載された。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット