文字サイズ
標準
大きく

腹腔鏡から江戸の外科医まで 「自我作古」テーマに日本内視鏡外科学会総会

   学会総会といえば、専門家が集まり最新の術式や研究結果などの知見を公開し、共有するための場だ。しかし中には専門家以外も楽しめ、興味を持てる講演もある。

   2016年12月8~10日に開催された第29回日本内視鏡外科学会総会のテーマは、中国の史書「宋史」に出てくる「自我作古」。「我より古(いにしえ)を作(な)す(自身が歴史を作る)」で、その通りさまざまな「歴史」を感じさせる講演が多数あった。

大村智教授によるエバーメクチンの歴史

   まず特別講演では、2015年に日本人で3人目となるノーベル生理学・医学賞を受賞した大村智北里大学特別栄誉教授が、エバーメクチンやイベルメクチンの特定、生産に至るまでの研究の道のりを語った。

   大村氏の講演で感じられたのは、研究の目的やその道筋を設定する視点の鋭さだ。当初は資金が乏しかったので、企業から援助を受けることにした。ただ化合物を探索するというだけでは企業にメリットがない。そこで、大村氏は動物用の薬、特に市場のニーズがありそうな寄生虫の駆除薬に着目し、その開発に取り組んだ。

   これがエバーメクチン、イベルメクチンを産生する放線菌の特定へとつながり、動物薬としてだけでなく、人へも適用が広がっていくこととなる。

   イベルメクチンは西アフリカなどで蔓延していたオンコセルカ症(河川盲目症)の治療薬として広く利用されるようになり、2027年にはアフリカから撲滅できる可能性もあるという。

   また、昨今のゲノム解析によって放線菌がエバーメクチン以外の有用な物質を産生可能であることも判明している。微生物研究でひとつの歴史を作った大村氏による、さらにこれからの可能性、未来を感じさせる講演だった。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

女性は86歳で世界1位
男性は...?

海外で禁止されている製剤が日本では使われている?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット