文字サイズ
標準
大きく

腹腔鏡から江戸の外科医まで 「自我作古」テーマに日本内視鏡外科学会総会

内視鏡外科のパイオニアによる会長講演

   大村氏の講演が微生物研究の歴史とするなら、日本内視鏡外科学会理事長である渡邊昌彦北里大学教授・北里大学北里研究所病院副院長による会長講演の内容は、内視鏡外科の歴史と言える。

   渡邊氏は1992年に、日本で記録上1例目となる腹腔鏡による大腸切除手術をおこなった、内視鏡外科のパイオニアだ。

渡邊昌彦氏
渡邊昌彦氏

   数センチの孔から機器を挿入しておこなう内視鏡手術は、従来の大きく切開する手術に比べ、患者への負担が少なく、術後の回復も早い。組織の切除と止血を同時におこなえる高機能なメスなども登場しており、術中の負担も少なくなっている。

   こうした、技術によって手術そのものが大きく進歩する内視鏡に魅せられた渡邊氏は、その後も最新技術を意欲的に取り込み続け、内視鏡手術の適応範囲を広げてきた。

   腫瘍を小さくすれば、進行性のがんでも内視鏡手術が可能ではないかと考え、現在は大腸がんの標準治療とすべく研究に取り組んでいるという。

   内視鏡手術は画期的な手法だが、同時に高い技術と経験が求められる。渡邊氏は、内視鏡手術を次世代へと継承していくことの重要性を説き、手術の定型化と理解を進めていきたいと語った。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事