文字サイズ
標準
大きく

マンモグラフィだけで大丈夫? 乳がん早期発見のポイント

   日本人女性がかかるがんの中で、もっとも多い乳がん。しかし、早期に発見すれば完治する可能性が高いがんです。

年齢に応じて自分に合った検診を
年齢に応じて自分に合った検診を

   早期発見に欠かせないのが定期検診です。日本人女性ならではの注意点や、検診の効果的な受け方、セルフチェックの方法を知っておきましょう。

日本人に多いデンスブレスト

   「乳がん検診」と聞くと、マンモグラフィを思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。乳房専用のX線撮影で、触診では診断できない小さなしこりや、微細な石灰化を発見することができるマンモグラフィは、乳がんの早期発見に有効な検診手段のひとつです。

   しかし、弱点もあります。マンモグラフィでは、乳腺としこりが同じように白く映し出されます。そのため、乳腺濃度(密度)が高いと全体が白っぽく映り、しこりと見分けがつきにくい。つまり、乳腺が発達している若い女性など乳腺濃度の高い人では、がんが写らない可能性があるのです。

   乳腺濃度が高い乳房のことを「デンスブレスト」と言います。乳房の脂肪が多い欧米人と比べ、日本人はデンスブレストの女性が多いうえ、乳がん罹患率のピークは40代後半と比較的若いのが特徴です。「定期健診では異常がなかったのに、乳がんになってしまった」というケースもめずらしくありません。「マンモグラフィさえ受けていれば大丈夫」というわけではないのです。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

4月3日現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット