文字サイズ
標準
大きく

ノーベル賞とアンチエイジング

   大隅栄誉教授のノーベル賞受賞でなじみ深くなったオートファジーだが、これがアンチエイジングに関わるということは、今日、FML理事会での川上名誉教授のお話で知った。

   細胞内の老廃物を包み込んで、分解し、再利用するのがオートファジーの仕事である。

   従ってオートファジー機能が低下すれば、老廃物が溜まって細胞の老化につながるということは理の当然と言えるだろう。

   そしてオートファジーの機能を促進するファクターの一つが、細胞の飢餓だというのは、カロリーリストリクションにも繋がるものとして面白い。

[アンチエイジングブログ! 2017年2月1日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット