文字サイズ
標準
大きく

食事で未来の自分を変える 食とデザインを専門家らが講演 Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(5)

   Aging Styleとグッドデザイン賞のコラボレーションイベントが2016年11月9日、東京・池袋のコミュニティ・カレッジにて開催された。

溝口氏(右)、岩佐氏(左)
溝口氏(右)、岩佐氏(左)

   今回5回目となるトークイベントのテーマは「食を考え・食を楽しむ─大人の豊かなライフスタイルをサポートする食のデザイン」。栄養療法専門クリニック「新宿溝口クリニック」院長の溝口徹氏と、クリエイティブディレクターで雑誌『自遊人』編集長の岩佐十良氏が講演した。

すぐに症状が出ないアレルギーもある

   溝口氏はまず、「Man is what he eats=人は食べ物からできている」とし、「食事で未来の自分を変えることができる」と述べた。

   新宿にある溝口氏のクリニックには、うつ病やパニック障害などの精神疾患から、アトピー性皮膚炎、婦人科系などの専門科にかかりながら、なかなかよくならないと悩む患者らが訪れる。

   実際に栄養バランスを見直したり、アレルギーの有無を検査して食事を変えたりすることで、健康状態が改善されるという。

as_20170203140404.jpg

   食物によるアレルギーというと、湿疹や発疹などが挙げられるが、食べてすぐ症状が出るものばかりではない。突然の腹痛に悩まされたり、ときどき精神が不安定になったりもするケースもある。不整脈や高血圧、呼吸器系疾患、筋肉のトラブルなど、体のさまざまな部分でアレルギーが関係していることも明らかになってきている。

   近年、米国を中心に注目されているのが、小麦アレルギーだ。小麦の中のグルテンに反応してしまうため、グルテンを取らない食事をする人が増えている。アーティストのレディー・ガガや女優のミランダ・カー、テニス選手のノバク・ジョコビッチなどがグルテンを摂らない「グルテンフリー」な食べ方を実践した。日本では、ダイエット法としてブームが起こった。

   さらに、アレルギー反応がある食品を減らすと、子どものADHDの症状が減ると示した研究報告もある。実際にクリニックに受診した9歳のADHD患者の例を示して、アレルギー除去食で治療を進めていると説明した。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット