文字サイズ
標準
大きく

テロメアは細胞分裂の回数券

as_20170206114231.png

   これは「染色体」の蛍光染色像である。ホタルの尻尾のように光っている部分をテロメアという。

   テロメアはアミノ酸の鎖だが、細胞分裂の回数券のようなもので、分裂の度に短くなり、あまり短くなると細胞は分裂を止め、やがて自滅する。これが個体の老化に繋がるとされているので、細胞時計の一つと言える。

   生体は上手く出来たもので、短くなったテロメアはテロメラーゼと言う酵素が復活させるが、これには限度がある。

   ならばテロメラーゼをもっと働かせば不老不死につながるのではと考えても無理はないが、ことはそう簡単ではない。テロメアが失われず細胞分裂を無限に続け、制御不能になれば、癌化につながるからである。

[アンチエイジングブログ! 2017年2月4日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 AACクリニック銀座 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット