文字サイズ
標準
大きく

いよいよ花粉症シーズン 予防と治療の基本を知って乗り切ろう

   例年、2月上旬から飛び始めるスギ花粉。花粉症の人にとっては、つらいシーズンの始まりです。できる限りの対策をして、上手に乗り切りましょう。

早めの花粉対策を!
早めの花粉対策を!

予防策は2週間前から

   花粉症は、体内に入った花粉(異物)を排除しようとして、人間の身体が起こす免疫反応の一種です。主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎や、目のかゆみなどのアレルギー性結膜炎ですが、まれに喘息やアトピー性皮膚炎を併発することもあります。

   近年、花粉症患者が急増している原因には、花粉の飛散量が増えたことに加え、食生活の変化や腸内細菌の変化、大気汚染、喫煙、ストレスなどの影響が指摘されています。

   スギ花粉は飛散開始から1週間~10日前後で量が増え、その後、4週間程度がピークとなります。予防策を講じるのは早目が肝心。飛散開始2週間前が目安です。

   セルフケアは生活リズムを整え、免疫機能と鼻の粘膜を正常に保つことが大切です。この時期はとくに意識しましょう。

・適度な運動と良質な睡眠を心がける
・食事は栄養バランスよくとる
・たばこは控える。お酒もほどほどに
・風邪をひかないよう注意。手洗い、うがいは念入りに

   医療機関も早目に受診しましょう。抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬など、薬で症状を抑える対症療法が基本ですが、症状が出始める前か、まだ軽い症状のうちに服用し始めると、発症を遅らせたり、症状を軽減したりする効果があります。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット