文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導41

S「さっきの研修医のF先生のプレゼン、よかったですね。非常に正確に患者を把握してましたね」
D「そうかあ?俺にはたいしたプレゼンには見えなかったけどな」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「まあ、そんなこと言わずに。褒めて育てるのが、肝腎なんですよ」
D「教育学者の受け売りを、訳知り顔で言うんじゃない」
S「D先生、じゃあ、具体的にF先生のどこが悪かったのか、教えて下さいよ」
D「いいだろう。教えてやろう。おおい、F先生、こっちおいで」
F「げ、やばい。D先生だ。妙なツッコミされるから、苦手なんだよな。はいはいはい、私でしょうか」
D「はいは一回でよろしい。さっきプレゼンしてた患者、結局診断はなんだったんだい?」
F「そうですね。病歴、診察所見、検査所見からは院内肺炎が一番疑わしいと思います。現在、ゾシン(ピペラシリン・タゾバクタム)で治療してます」

D「ほう、そうかい。では、なぜゾシンなんだい?」
F「は?」
D「なぜゾシンで治療したんだ?なぜ他の抗菌薬じゃなかったんだい?」
F「ええっと、それは、、、院内肺炎だったので、、、」
D「院内肺炎だったらゾシンで治療するのか?ゾシンでなければならない理由があるのか?他の治療薬ではだめな理由があるのか?」
F「うーーーーん。そう言われると、、、その、ゾシンは広域抗菌薬なので、、、耐性菌の多い、、、院内肺炎には、、、、」
D「あーーん?聞こえんなあ。ちゃんとしゃべらんかい」
F「うー(涙目)。その、院内肺炎ならゾシンかなって」
D「だから、どうしてそうなんだい?」
F「そのように習ったから」
D「ならったから、ゾシンか?」
S「もう、D先生、いい加減にして下さい。F先生、泣いてるじゃないですか」

D「この程度の議論で泣くようじゃ、まだまだだな」
S「そんな鬼顔で迫られたら、大抵の人は怯みますよ」
D「だれが鬼顔だ。どう見たって、仏の顔だろが」
S「ほっぺた丸くて潰れアンマンなとこだけが仏ですけどね」
D「ほっとかんかい。S先生は、ライプニッツを知っているか?」
S「ライプニッツですか?し、、知ってますよ。もちろん。無理やりトレーニングして、痩せるやつでしょ」
D「そりゃ、ライザップじゃ。所詮、一流大学出てても、受験に出ない的一般教養は大したことないんだよな。ゆとり世代め~」
S「拗ねないでください。そのライザップがどうかしましたか」
D「ライプニッツじゃ!ライプニッツは「モナドロジー」でこういったんだ。AがAであるとは、Aである条件を満たすのみならず、BでもCでもDでもないって言えなければならないと」
S「そういったんですか?」
D「まあ、うろ覚えなので正確な言葉は忘れたけど、そんな感じだった」
S「ちゃんと裏を取らないんですか?」
D「この連載にそんなに時間取れるかって作者が言っている」

S「なんですか?それ」
D「要するに、ゾシンが院内肺炎に使える、だけではゾシンを選ぶ根拠としては不十分ってことだ。なぜ他の抗菌薬じゃなかったんだ?なぜゾシンでなければならなかったんだ?それが分からなければ、ゾシンを使いこなせているとはいえない」
S「確かに」

第41回「一般概念と個別な事象を区別させよう」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年2月5日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット