文字サイズ
標準
大きく

骨粗しょう症予防なら整形外科より婦人科?  ホルモン補充療法のメリットと注意点

更年期は骨粗しょう症対策も忘れずに
更年期は骨粗しょう症対策も忘れずに(写真はイメージ)

   更年期の症状は人それぞれだが、ほてりや発汗、めまい、イライラなどを自覚する女性は多い。一方、自覚症状がないのが骨密度の低下だ。放っておくと骨粗しょう症になり、骨折のリスクが高まる。

   「閉経後の健康を保つには、更年期での対策が重要」という婦人科専門の上坊敏子医師に、更年期における骨粗しょう症対策について聞いた。

自覚ない更年期症状

   更年期の症状は、閉経にともない卵巣の機能が低下し、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」の分泌が急激に減少することで起きる。突然の変化にからだがついていかず、めまいや冷え、のぼせといった不調が現れる。

   更年期に起こるのは、こうした顕著な症状ばかりではない。エストロゲンは脂質代謝や骨代謝のバランスを維持する働きもあるため、分泌量が減ると中性脂肪や悪玉コレステロールの増加、骨密度の低下といった変化が生じる。いずれも自覚症状はなく、気づかぬうちに進行してしまうケースが多い。とくに骨密度の低下は、骨折して整形外科を受診し、骨粗しょう症と診断されて初めてわかった、という人も少なくない。

   骨密度は、古い骨を破壊する破骨細胞と、新しい骨をつくる骨芽細胞の働きのバランスが保たれることで維持されている。エストロゲンには、破骨細胞の働きを抑制する作用がある。減少すると、破骨細胞の働きが盛んになり、骨芽細胞が骨をつくるスピードが追いつかなくなるため、骨密度が低下し、骨がスカスカに。骨粗しょう症が閉経後の女性に多いのはこのためだ。

   骨粗しょう症になると、ちょっとしたことで骨折しやすくなる。転んで手をついた拍子に手首を骨折したり、大腿骨を骨折してそのまま寝たきりになってしまう高齢者も多い。

   相模野病院婦人科腫瘍センター長の上坊敏子医師は、「自覚症状はなくても、女性の骨密度はだいたい閉経を迎える50歳を過ぎると、てきめんに下がってくるんです。骨折してから対策するのでは遅い。更年期にしっかりケアをすることが大切です」と言う。

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

女性は86歳で世界1位
男性は...?

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

4月3日現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット