文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導51

S「いや~、もうすぐ学会シーズンですね。学会発表の研修医たちを指導するのって大変ですよねえ」
D「へえ、そんなにたくさん研修医たちは発表すんの?」
S「知らないんですか?ウチの科は研修医、全員発表することになってるんですよ」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

D「そうだったっけ?でも、なかには発表のネタがない研修医もいるだろうし、忙しい診療のさなかにまとめる時間もないんじゃないか?」
S「まあ、そうですけどね。研修医にも器用なのと不器用なのがいますし、アイディア豊富な研修医もそうでない研修医もいます。いずれにしても、まだ研究方法とかは教わってない研修医ばかりですから、まずは手堅く症例報告。ちょっと軽めの症例で場数を踏んでもらおうと思ってます」
D「軽めの症例?なんだそれ?」
S「そうですね、ちょっと珍しい菌の感染症とか、新しい治療が奏効した症例とか」
D「やめじゃ、やめじゃ!そんな報告、全部やめてしまえええ」
S「殿、ご乱心?」
D「乱心なんぞしとらんわい。なんだ、聞いてみれば、要するに学会発表を目的化しているだけじゃないか」
S「いや、まあ、目的化とか言われちゃうと、、、教育の一環ですよ」

D「だって、発表の質は担保してないんだろ。教育でも何でもないじゃないか」
S「いや、だから発表の経験を積むという経験をですね、、」
D「風邪に抗菌薬出す経験を何十年繰り返したってダメなプラクティスはダメなプラクティスなんだよ~。質の低い経験の積み重ねは、単に馬鹿でかい低品質を生むだけだ」
S「いや、そんなこというと風邪には抗生剤でしょ、的な先生から反発食いますよ」
D「そんな医者がこのブログを読んでるわけない。よしんば読んでいたとしても、もうとっくに反発食らってるはずだ。反発が怖くて俺様やってられるか!」
S「そこは、とても納得です」
D「日本では学会発表デビュー戦を舐め過ぎなんだよ。デビュー戦こそが真剣勝負。徹底的に質にこだわり抜くべきなんだ。ここで手を抜いたら、一生手を抜き続けるだろうが。事例は枚挙に暇がない!」
S「いや、それもぼくの口からはなんとも、、、、」

第51回「学会発表デビューは真剣にやろう」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年2月15日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

2015年の世界の平均寿命は71.8歳、健康寿命は62.8歳となった。

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット