文字サイズ
標準
大きく

「高齢者のQOLとは?」

as_20170223104412.jpg

   アンチエイジングの究極の課題は高齢者のQOL(生活の質)の探求にあると思う。それは「生き甲斐」にあると言って良いだろう。

   それを支えるものの一つは「人に必要とされること」であるとは繰り返し述べてきた。今一つの「趣味の世界」の有り難みは改めて説明の要はないだろう。

   ここで三番目にあげたいのが「過去との折り合い」という考えだ。自分の過去を振り返ること。「自分史」を綴ることも役に立つ。そして事の成否を問わず自分の過去を認めること。人を許し、ことに自分を許すことも含め。

   幸い過去は、時間のフィルターにかけられると、楽しいことが優先的に思い出されるようになる。「同窓会」という集まりがアンチエイジングに良いと言われるのもこんなところにあるかもしれない。

ヘルマン・ヘッセは名著「老年の価値」の中でこう言っている。
"・・・そして今日、私たち自身の絵本を注意深くめくりながら、あの疾駆と狂奔から逃れて,「静観の生活」に到達した事が、どんなに素晴らしく、価値のあることであるかに驚嘆するのである。"

   凡人の僕は、「静観」にはまだほど遠い事を白状するが。

[アンチエイジングブログ! 2017年2月22日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット