文字サイズ
標準
大きく

3月は花粉・敏感肌対応の日焼け止めを

   紫外線ダメージを防ぐ乳液やクリームは、年間使って欲しいアイテムです。とはいえ、年中同じものを使うのではなく、気候や目的に合わせて使い分けるほうが肌にもいいのでお勧めします。

   そろそろ陽射しが気になり、UVケアを意識し出しますね。2~3月は寒暖の差が大きく、スギ花粉やPM2.5などの大気汚染物質が飛散するので、肌が刺激を受けやすい時期。

   敏感になりやすい肌を守るなら、敏感肌用のUVケアアイテムから選んでみてはいかがでしょう?

   たとえば、資生堂のdプログラム。敏感肌のスキンケアに関して長年の研究を・開発を行っているロングセラーブランドです。

as_20170223110339.jpg
dプログラム アレルバリア エッセンス 40ml /資生堂インターナショナル

   空気中の微粒子や紫外線からデリケートな肌を守る、敏感肌用の日中用美容液。SPF40 PA+++。紫外線散乱剤だけを使ったノンケミカル処方。シャカシャカ振ってから使う、二層タイプです。みずみずしい使用感で保湿効果も高く、肌への白残りはありません。

   そして、BBタイプもデビュー。
       ↓

as_20170223110454.jpg
dプログラム アレルバリア エッセンス BB 40ml/資生堂インターナショナル

   花粉、ちりなどの微粒子汚れから肌を守ってケアする、敏感肌用の日中用美容液・化粧下地。肌の赤み・くすみを自然にカバーする、ミネラルパウダーを配合しています。

   ベースメイク効果が得られるから、下地+ファンデを塗るプロセスはしなくて済みます。そのぶん、肌に触れなくていいし、化粧品を肌にのばす刺激を与えなくていい。

   色は明るめと、ちょっと夏らしいニュアンスの2色。こちらもシャカシャカタイプなので、伸びがよく薄づきです。敏感肌は紫外線ダメージも受けやすいので、低刺激のUVケアで肌を保護してくださいね。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2017年2月22日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット