文字サイズ
標準
大きく

花粉症の漢方薬とLOHACO

   風邪を長引かせていた12月に、症状に合わせて漢方薬をいろいろ買ってました。
花粉症の時期に備えて、これも。
       ↓

"鼻水に効く"ことで知られている小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

効能・効果は
「体力中等度またはやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水がでるものの次の諸症:
気管支炎、気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症

   太字にした症状への効果を期待♡スギ花粉症なんですよねー。30年以上前から。

   西伊豆にロケに行った日にくしゃみが止まらなくなって発症。当時、花粉症が話題になり始めたころだったから、耳鼻科の医師に「これが花粉症ですよ!」って、なんだか嬉しそうに診断されましたっけ。

   治療法を大学病院で研究している時代だったので、その後3年くらいは、2月になると研究に力を入れていた大学病院に通ってました。

as_20170227102512.jpg

   市販の花粉症の飲み薬の"効き"に関しては、ここ2~3年で飲み比べをしたので、どの薬が自分に合うか把握してますが、小青竜湯はまだ試してなかったのでね。試すのを楽しみにもしてました♪

   小青竜湯をエキスにした、顆粒タイプです。

顆粒タイプは、熱いお湯に溶かして飲みます。
顆粒タイプは、熱いお湯に溶かして飲みます。

   以前、よく取材をさせてもらっていた漢方医に
「"煮出したエキス"のに状態戻して飲むことで胃腸が温まり、血流が良くなるから薬の吸収も良くなる」と、言われていたので。

   効きの様子を見ながら、しばらく続けてみます。

   これ、LOHACOの通販で買ったんですよね、アスクルが運営してる。倉庫の火事以来、2日にいっぺんぐらい送信されてきたセールお知らせメールもぱったり来なくなりました。仕事の合間にポチポチと利用していたので心配してましたが、ようやく昨日鎮火しましたね。

   倉庫の火事が消火しにくいことは驚きでしたし、たくさんの商品が燃えてしまったのは残念ですが、燃えにくい仕組みが作られて再開されるといいなと思ってます。

   薬まで買ってしまうという、通販への依存度の高さも再認識。漢方薬は、本当は体質や体の状態に合わせて選ばれるものなので、漢方に詳しい薬剤師さんに相談するほうが良いんですよね。まぁ、通販だと一般的に使いやすいものが扱われてますが。

   そんなわけで、花粉症の漢方薬を飲みながら、通販について考えさせられてました。

[美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ 2017年2月23日より転載]

美容・医療ジャーナリスト海野由利子公式ブログ
http://ameblo.jp/uminoyuriko/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

偽薬と認識したうえでの服用効果の研究は珍しい。

笑っただけで「あっ!」「出ちゃったかも」

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット