文字サイズ
標準
大きく

毎日の入浴は健康にいい? 実は肌にダメージの危険も

   入浴は、清潔を保つだけでなく、血行を良くし、疲れを癒してくれる「健康習慣」というイメージがあります。しかし、入浴の仕方によっては、肌の健康を損なうこともあるので注意が必要です。

うるおい成分がお湯に溶け出す?!

   長くお湯につかっていると、皮膚がふやけてきます。肌がやわらかくなり、しっとり潤っているように見えますが、実はこのとき、肌からは、うるおいが逃げ出しやすい状態になっています。

角層は外部刺激や乾燥から人体を守る大切な器官(写真はイメージ)
角層は外部刺激や乾燥から人体を守る大切な器官(写真はイメージ)

   皮膚の表面は、0.2ミリほどの薄い表皮で覆われています。その一番外側にある角層は、角質細胞が10~20層積み重なってできており、外部からの異物の侵入や水分の喪失から肌の内部を保護し、うるおいを保っています。

   これを「バリア機能」と呼び、主に、皮脂膜と天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質の3つがカギを握っています。

   皮脂膜は、皮脂と汗などが混じりあってできたもので、肌表面からの過剰な水分の蒸発を防ぎます。角質細胞の中にあるNMFは、アミノ酸や乳酸などから成り、水分を吸収し、保持する性質があります。

   そして、角質細胞間脂質は、「セラミド」などの脂質と水分子が重なり合って角質細胞の間を埋めしっかりした構造を保つことで外部の刺激から肌を守り、水分の喪失を防いでいます。

   長時間お湯につかっていると、角層が膨潤して、これらの成分がお湯に溶け出してしまいます。その上、せっけんやタオルなどで体をごしごし洗うとダメージはさらに大きくなり、肌のうるおいはどんどん奪われてしまうのです。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット