文字サイズ
標準
大きく

これからは高齢者も社会の支え手に 超高齢社会を明るくしたい【医師団からのTEIGEN】

超高齢社会を明るく活力あるものにする

   このようなことから、日本老年学会、日本老年医学会では、2013年に高齢者の定義を再検討するための学際的な合同ワーキンググループ(WG)を立ち上げ、いろいろな角度から議論を重ねてきましたが、2017年1月5日にその議論の結果を発表しました。

   それは、75歳以上を高齢者とし、従来、前期高齢者とよばれた65~74歳を准高齢者とすべき、という提言です。また、高齢者の中では、90歳以上を超高齢者としました。

as_20170310124417.jpg

   65~74歳の呼称について、「高齢」という言葉をなくすことも議論されましたが、やはり体力の衰えを感じる人が増加するこの年代の人々に対して、10年後の高齢期の訪れに向け、健康、仕事などいろいろな面での準備を促す目的で、あえて「高齢」という言葉を残したのです。

   それでは高齢者の定義を再検討する意義はどのようなことでしょうか。

   その目的は、高齢者の定義を再検討することにより、支えられるべき存在としての「高齢者」の意識や立ち位置を、社会の支え手でありモチベーションを持った存在としてのポジティブなものに変え、結果として、迫りつつある超高齢社会を明るく活力あるものにすることにあります。

この記事の監修・執筆医師

大内 尉義
大内 尉義(おおうち やすよし)

東京大学名誉教授・虎の門病院院長・日本老年医学会前理事長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

今年は昨年より多いとの予報です。

脱衣所やトイレなどとの温度差にも注意が必要です。

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット