文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導75

S「ふ~、今日も終わった、長い回診。疲れたなあ」
D「じゃ、回診後の反省会でもやろうか」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「え~~~回診の反省会なんて聞いたことないですよ。メンドクサ」
D「おまえ、最近、たるんでないか?若かったときのフレッシュな向上心はどこ行った?」
S「D先生の悪影響を受けてどんどん、やさぐれてます」
D「人のせいにすんな。例えばな、今日の回診の反省点は、、、、そう、「敬語」だな」
S「敬語?ぼく、敬語にはちょっとうるさいんですよ。ちゃんと正しい敬語を使ってたと思いますが、、、」

D「俺は言葉の「正しい」「正しくない」論争には興味ない。ら抜き言葉だろうが、ちゃんと通じれば気にしない」
S「そんなもんなんですか」
D「言葉の正しさ権威主義なんてクソ食らえだ」
S「だからあちこちからVXガスが飛んでくるから、止めてください」
D「そんなことより、「敬語の問題」だ。敬語の使い方が問題なのではない。使う対象が間違ってる」

S「え?」
D「まず第一に看護師。お前、すぐ看護師にタメ口きく癖がついてるだろ。そういう癖、3年目くらいに身につけただろ」
S「ドキ!」
D「個人的に親しくなって「相手もタメ口をきくような関係」になっていないかぎり、多職種には必ず敬語を使え。ナース、事務、薬剤師、検査技師、全てだ。医者のほうがタメ口をきき、相手が敬語を使うみたいなのを、デフォルトにすんな」
S「うう、それは痛いところを突かれた気がします、、、、しかもマナーの問題をよりによってD先生に指摘されるとは、S、屈辱」
D「ワ◯ピースの海軍少将のマネなんかせんでよい。かつてのお前がそうだったように、若手の研修医はこういうの、すぐ真似すんだぞ。気をつけろ」
S「確かに。うかつでした」
D「もうひとつ、お前が気づいていない「敬語」の問題がある」
S「え?まだあるんですか?」

第75回「研修医にも敬語を使おう」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年3月14日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット