文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導77

S「ふー、今日も回診、お疲れ様~」
D「お疲れさん。しかし、今日の研修医のプレゼンはいけてなかったな」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「そうですか?ちゃんと網羅的に鑑別疾患を挙げていたじゃないですか。よく勉強してるな、って思いましたよ」
D「網羅的にやってるから、ダメなんじゃないか」
S「長谷川豊ですか?」
D「もうみんな名前忘れてるぞ」
S「だって、見逃しをしないためには、網羅的に診断仮説をたてるんでしょ。定石じゃないですか。ていうか、D先生だってよく「見逃さないためには仮説は全部出せ」って言ってるじゃないですか」
D「もちろん、言ってる」

S「じゃ、何がいけないんですか」
D「網羅的に仮説を出すのは前提だ。そこにはなんら問題はない。問題は、「網羅的に仮説を出しさえすればいいのか?という問題だ。
S「??」
D「それでは不十分じゃないのか?って話だ」
S「まあ、そりゃ研修医ですから、完璧なプレゼン言うのは難しいとは思いますよ」
D「違う。研修医がプレゼンで間違えることがダメだと言っているのではない」
S「じゃ、何がいけないんですか」
D「研修医がちゃんと考えてプレゼンしてないのがいけないんだ」
S「ちゃんと考えてるから、鑑別疾患きちっと出せてるんじゃないんですか?」
D「「ちゃんと考える」とはどういうことだ?」
S「???」

第77回「可能性を量化させよう」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年3月17日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット