文字サイズ
標準
大きく

目の下のクマを消したい! 種類によって治療法は変わる

   形成外科医・美容外科医として活躍する山下理絵先生に、美容や健康、アンチエイジングに関する悩みを相談するこのコーナー。第2回は、目の下のクマに関するお悩みです。

クマには種類がある

Q.10年以上前から目の下のクマに悩んでいます。最初は青黒い感じでしたが、最近はたるみも加わり、さらに黒ずんできたような気が...。長年居座っているこのクマを消す方法はあるのでしょうか? (40代女性)
あなたのクマの原因は?
あなたのクマの原因は?

   A.目の下のクマ、気になりますよね。私も寝不足でクマができやすい体質なので、お気持ちはよくわかります。ところで、「クマ」には、いろいろな種類があるのをご存じですか?

   私のところにも、クマにお悩みの方が受診されますが、原因は人それぞれ。当然、治療法も異なります。

   クマには、主に次の6つの種類があります。
(1)表皮の色素沈着(炎症後の色素沈着)
(2)真皮の色素沈着(遅発性太田母斑様色素斑)
(3)目の周りの筋肉(眼輪筋)が透けて見え、さらにうっ血で悪化したもの
(4)静脈の怒張
(5)脂肪のふくらみが影となったもの
(6)キメの乱れや小ジワによるもの

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

女性は86歳で世界1位
男性は...?

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

4月3日現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット