文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導79

D「さて、鑑別疾患の話をしたから、もう少しアドバンスドなトピックも扱っておこうかな」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「おお、いったい、なんですか?」
D「S先生、心筋梗塞患者の「心筋梗塞」は何をもって心筋梗塞と呼ぶんだ?」
S「えっと、、、心電図のST上昇??」
D「全然、不正解じゃ!MI以外の疾患でもSTは上がるし、MIでもSTが上がらないことだってある(NSTEMI)。一度、両手両足を縛って道頓堀に飛び込んで一晩ゆっくり過ごすといい。少しはましになるだろう」
S「死にますって」
D「MI見逃したら、患者が死ぬだろが。間違った基準で心筋梗塞を把握するとは、MIの見逃し、患者の死を意味する。むしろお前が死んだほうがずっとマシだ~」
S「普通、死ねまでいいませんよ~」

D「さあ言え。何を基準にMIはMIなんだ?」
S「心エコー?」
D「最悪の答えだ」
S「トロポニン?」
D「まだまだ」
S「心カテ?」
D「割と正しいが、「そういう質問」をしているんじゃない」
S「えええ、、、分かりません」
D「いまのは、少しマシな答えだ。そう。分からないと自覚できるのは、知性の証だよ、プライドだけが高くて実はなんにも知らない人気指導医のS先生」
S「人気は関係ありません、、、て僻んでるんですか?」
D「俺様は僻みとは全く無縁の存在だあ~~~、くそッ」
S「いまやっぱり悔しがってませんでしたか?」
D「気のせいだ」

S「うーん、結局、この条件を持って心筋梗塞って言い方をしようと思うと、常に余剰や欠如が生じてしまうんですよねえ」
D「おっ、だいぶ分かってきたな。「そういう考え方」がこの質問に答えるのには大事なんだ」
S「え??」

第79回「モナドロジーの教え AがAであるということ」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年3月18日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

性行為や愛情に影響している可能性

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット