文字サイズ
標準
大きく

先端技術の応用でもっと健康になる Aging Style × GOOD DESIGNトークレポート(6)

   Aging Styleとグッドデザイン賞によるコラボレーショントークイベント「Aging Style ×GOOD DESIGNトーク」第6弾が、東京ミッドタウンのデザインハブで開催された。

近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授の山田秀和氏
近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授の山田秀和氏

   今回は、近畿大学医学部奈良病院皮膚科教授の山田秀和氏と、日本を代表するヒューマン・コンピュータ・インタラクション研究者である暦本純一東京大学・大学院情報学環教授が登場。

   互いの専門分野における先端の技術や知見を紹介し、それらが私たちの生活にどのように影響し、何を変えていく可能性があるのかを語った。

これからの健康のカギは「見た目」と「環境」

   近畿大学アンチエイジングセンターの副センター長も務める山田氏は、アンチエイジングや健康長寿の切り口として、皮膚や容貌、体型といった「見た目」に関する要素が鍵になるとし、これらの知見には大いに関心があると話す。

「肉体だけでなく、服飾や装飾も含めての『見た目』です。その領域は広く、ここを深めていけば見た目が良いことが健康長寿につながるという知見も得られるのではないかと思います」(山田氏)

   見た目に次いで山田氏が最も重要な要素になると指摘したのが「環境」だ。山田氏は以前から「運動」「食事」「精神」といった見た目に影響を与える分野の重要性を訴えてきたが、これらに加え「環境」が不可欠な要素になるという。

「国土交通省などと協力し、室温が18度以上に保たれている高気密・高断熱住宅で生活すると、血圧が数mmHG低下させることができるという実証試験を行っています。成功すれば、薬を使わずに住環境だけで血圧を8mmHGくらいは下げられるかもしれません。こうした環境から健康を考える、捉えるという発想が重要になるはずです」(山田氏)

   さらに山田氏が現在注目している先端技術として挙げたのが「ウェアラブル端末」だ。特にウェアラブルなセンサーを使って皮膚表面の化学物質をすべて検出したという。

「世界保健機構(WHO)が2009年ごろから『エクスポソーム』という概念を提唱しています。これは、人間を構成しているのは『中』にある『遺伝子』と、『外』にある『環境』という考え方で、人間の健康も遺伝子と環境から捉えようというものです。つまり、化学物質や大気、光、音、気圧、食事といった『外』のことを正確に把握する上で、センサーは不可欠になるはずです」(山田氏)

   「中」のことである遺伝子にも強い興味があるという山田氏は、遺伝子の可能性として「今っぽい」という感覚に触れた。例えば、同じブランドでも過去の商品と現在の商品では、現在のほうが「今っぽくかっこいい」と感じる。

「少し前のファッションモデルと現在のモデルを比較しても、今のほうが美しいと感じます。我々の中にある遺伝子がどのように影響しているのか、興味は尽きませんね」(山田氏)
注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット