文字サイズ
標準
大きく

豊胸手術は危険なの? 専門家の意見は「手軽そうに見えてもリスクはある」

塩谷信幸(北里大学名誉教授・Aging Style編集長)
塩谷信幸氏(北里大学名誉教授・Aging Style編集長)

   2017年2月、30代の女性が美容外科の手術中に意識不明となり、搬送先の病院で死亡した。女性は、胸を大きくする「豊胸手術」を受けていたという。いまのところ死因はわかっていないが、豊胸手術とは、どのような手術なのか、形成外科医の塩谷信幸・Aging Style編集長に話を聞いた。

主流はシリコンバック

   現在、豊胸手術の主流はシリコン・ジェルを詰めたシリコン膜のバッグを手術で胸の中に入れる方法だという。

「シリコンバックを入れる施術法は、1963年に米国・ワシントンで開かれた国際形成外科学会で、テキサスのクローニン博士が発表しました。施術が始まった当初は、シリコンバッグを入れると異物反応が起きてまわりの組織が硬くなってしまう被害が出ましたが、トラブルが起こりにくいように改良されてきました」

   現在、シリコンバッグの中には厚労省に認可されたものもあり、乳がん手術後の乳房再建にも用いられる。

   ほかにも、患者の腹部などから吸引した脂肪や、ヒアルロン酸製剤を注射器で胸に入れる治療法がある。メスを使わないため、シリコンバッグを入れる手術よりも手軽な印象があるが、塩谷氏は手軽そうな施術でもトラブルが起こる可能性はあると言う。

「脂肪注入治療は、確かな技術を持つ医師が行えば自然なボリュームアップが可能な場合もありますが、手術後、注入した脂肪の中に血管が新生しないと組織が死んでしまったり、膿瘍になるなどトラブルが多いのも事実。ヒアルロン酸の注入治療に関しては、顔に少量を注入するのとは違って、乳房に100~200㏄も入れるのですから、どんなトラブルが起こるかはわかっていないことが多いです」(塩谷氏)

   豊胸術で使われるヒアルロン酸は、ほとんどが海外メーカー製だが、海外では使用が禁止されている製剤が日本で使われているケースもあるという。

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット