文字サイズ
標準
大きく

豊胸手術は危険なの? 専門家の意見は「手軽そうに見えてもリスクはある」

基本は医師の自己責任

   海外で認可されていない製剤が、日本で治療に使えるのはなぜだろうか。

「現在、美容医療を含めた自由診療では、医師の自己責任で安全を担保して治療を行うことになっています。海外では使用が禁止されている製剤でも個人輸入等で入手し、治療に使うことができます。ヒアルロン酸は、時間が経つと体内に吸収されるため、注入後にトラブルが起こってもなんとかなるだろうと考える医師も残念ながらいるのです」(塩谷氏)

   また近年、日本の豊胸施術で増えているという「ポリアクリルアミド」を使った治療について、塩谷氏は現段階では、絶対にすべきではないと強く主張する。

「ポリアクリルアミドは、劇薬になるアクリルアミドという分子がいくつかつながっているものが含まれた製剤です。豊胸術では、『アクアフィリング』などと称して施術が紹介されていますが、その安全性は確かめられていません。ポリアクリルアミドは、体内に吸収されないため一度注入したら永久に効果が続くとうたわれていますが、裏を返せば、トラブルが起っても取り除くのは難しいとも言えます」
良い面ばかりではなく、リスクも知ることが大切
良い面ばかりではなく、リスクも知ることが大切

   ポリアクリルアミドに限らず注入剤を使った治療は、アレルギーなどの異物反応や注入剤が血管につまって肺などの組織が壊死するなどのトラブルが起きる可能性がある。

   豊胸手術は国内でどのくらい行われているのだろうか。その疑問に、塩谷氏は「正確な数は把握できていないが、少なくはない」と答えた。すべての美容クリニックが症例数を正確に記録しているわけではないし、専門外の医師も美容手術をしている可能性があるからだ。

「日本で美容外科を行っている医師がどれだけいるのか、学会も医師も行政も把握していません。まして、美容医療を受診している人がどのくらいいるかも分からないのが現状です」(塩谷氏)

   美容医療トラブルは、患者が治療を受けたことを誰にも知られたくないという傾向があるため表面化しにくい。

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事