文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導82

D「検査をオーダーするとき、研修医に繰り返し伝えることがある」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「なんですか?」
D「電子カルテは自動販売機じゃないってことだ」
S「はあ?」
D「検査のオーダーボタンを押すだろ。検査結果が出て来る。まるで自販機でボタンを押して、ジュースが出てくるように」
S「なんか、文章が村上春樹チックですね」
D「最近、新作読んじゃったからな。それはともかく、検査の場合は結果が自動で出てくるんじゃない。採血やら検体の移動、検体の処理など、たくさんの医療者のたくさんの手間がかかっている。画像検査も同様だ」

S「ああ、たしかに」
D「検査を乱発する研修医は、ああいう医療者の苦労を全然顧慮してないだろ」
S「そうですね」
D「そういう奴らが、3年目くらいになると技師さんとかにタメ口きくようになるんだよ。情操教育上も非常によくない」
S「はい」
D「それだけじゃあ、ない。検査というのは患者にとっても負担になるし、苦痛にもなる。採血、内視鏡、全部そうだ。画像検査では放射線曝露も馬鹿にならん。病気してる身では部屋からの移動だけでもしんどいものだ。ご高齢の患者さんなど、検査が2つ3つ続くだけでもうヘトヘトになってるだろ」

S「たしかにそうですねえ」
D「そういうことも考えて、本当に必要な検査かどうかを吟味せねばならんのだ」
S「たしかに」
D「だから、検査をオーダーするときは、その背後で努力している医療者の苦労を正当化させるかどうか、必ず確認しろと言っている。その検査の結果が、患者のマネジメントに影響をあたえるのか?単に自分の知的好奇心を満足させるために「とりあえず」「ついでに」出してないか?」
S「ああ、それ、ぼくも耳が痛いです」
D「CTをオーダーするときは、自分も患者と抱き合ってCTに入って放射線曝露を受けてでも取りたい、それくらいの覚悟がないとCTオーダーすんなって言っている」
S「無茶苦茶ですけど、たしかに説得力ありますね」

第82回「無駄な検査を減らそう」その2 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年3月21日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

性行為や愛情に影響している可能性

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット