文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導83

S「ああ~~~またCRBSI(いわゆるカテ感染)だ。もうやんなっちゃうな」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

D「またかよ。ちょっとうちの病棟、多すぎるぞ」
S「今回もですねえ。発熱時に診察に行ったら、バッチリ前腕に発赤と腫脹があって、静脈もゴリゴリに硬くなってました」
D「なんでそんなになるまでほっといたんだ」
S「まあ、毎日の点検を怠ってたんでしょうねえ」

D「ナースとドクターと両方が怠ってどうする?」
S「確かに。日々のルーチン・ワークの質を上げるって簡単なようで難しいですねえ」
D「そんなことはない。それはルーチンをルーチンにしていないからそうなるんだ」
S「はあ?」

D「お前、ウンコしたあと、紙使うか?」
S「当たり前じゃないですか、、ていうか、お食事中にこれ読んでる人にも配慮してくださいよ」
D「食事中にブログ読んでるような「寂しい人」はほおっておけ」
S「うわ~~冷たい」
D「さて、だれだってウンコをすれば紙で拭く。忘れることも、間違えることもない。今日は疲れてたとか、当直明けだとか、夜中だったからという理由で紙をナシに済ますやつはいない」

S「そうですねえ」
D「これが、本当のルーチンだ。患者を見たら、必ずくっついているデバイスをすべてチェックする。カテの刺入部に炎症所見がないか、確認する。研修医のときにこれを徹底させるんだ。それをしないと「生理的に気持ち悪くなる」まで。50回もやれば、こちらが何も言わなくても必ず自然にやるようになる。手指衛生とかもそうなんだぞ。俺様は患者を見る前と見たあとで必ず手指消毒するけど、別に何も考えていない。生理的に自然に体が動くし、もし手指消毒しないと、気持ち悪い。ウンコしたあと紙使わなかったときみたいだ」

第83回「指差し点検をしよう 毎日しよう」その1 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年3月22日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

患者は我慢するしかない?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット