文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導88

D「研修医の問題は、すぐ直したほうがよいものと、すぐには直さないほうがよいものがある」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

S「そうなんですか」
D「前にも言ったろ。研修医を教えるのは、優れた研修医を育てることではなく、優れた指導医を育てることにある、と」
S「そうでした」
D「優れた指導医って何歳くらいまでになればいいんだろ」
S「え???さあ、30代中盤?」
D「まあ、そうかもしれんが、その後劣化していったら元も子もないだろ。40、50代で劣化して使い物にならなくなる指導医のなんと多いことか」
S「ああああ、VXガスが振ってくるよう」
D「というわけで、何歳でしっかりした指導医になるべきか。明確な基準はない。早熟な20代もいるだろうし、50代くらいで大化けする指導医もいる(見たことある)」
S「言われてみれば、そうですね」

D「最終的に、その人物が優れた指導医になればいいんだ。早熟な医者は、足を引っ張るな。やりたいようにやらせてやれ、伸びる人間の邪魔をするな」
S「はい」
D「大器晩成型の医者は、焦るな。焦らせたら、逆効果だ。ゆっくり待つのが大切だ。そうすれば、いつか芽が出ることもある」
S「保証はないんですか?」
D「あるもんか。人間のことだからな。必ず上手くいくなんてナイーブにすぎる。しかし、たとえ芽が出ないにしても、芽が出やすい戦略を取る以外に選択肢はない。教育は情熱とか思い入れ(あるいは思い込み)でやるものではない。少なくとも、情熱と思い入れと思い込みだけでは、だめだ。勝てる可能性の高い選択肢をクールに取る。そういう戦略性が重要だ」

S「なるほどお」
D「要するにC先生の問題は、シャイなキャラからくる問題だ。シャイな人物を「シャイになるな」と言って、できるわけがない。一般に、「キャラの問題」は待つのが大事なんだ」
S「そうなんですか」
D「ま、俺様の経験上、シャイなキャラはいつか、ある日、突然解決することが多い。自分で変わろうと思った時以外にキャラというのは変わらないんだ」
S「D先生も、キャラ変えられないんですか」
D「なんか、言ったか?」

第88回「わざと見逃す欠点もある」その2 終わり

続く。

この物語はフィクションであり、DとSも架空の指導医です。

[楽園はこちら側 2017年3月27日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

11月11日現在、50名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット