文字サイズ
標準
大きく

がんの悩みを患者同士で話せるイベント 4月21日に相模大野で

同じがん患者同士でざっくばらんに話せる貴重な機会
同じがん患者同士でざっくばらんに話せる貴重な機会

   がん患者の支援に取り組んでいる「がんサポート相模原」(がん患者を支える会in相模原)は2017年4月21日19時から20時30分まで、がん患者のための交流会「自由に話せる地域がんサロン」を開く。

   このイベントは相模原市内の2つのがん拠点病院北里大学病院と、相模原協同病院のがん相談支援センターが主催しているもので、今回で7回目。

   「がんと診断されたけど、これからどうすればいいの?」「どんな治療法があるの?」「抗がん剤って大丈夫?」「治療費はどのくらい?」など、同じがん患者同士でざっくばらんに話せる貴重な機会だ。一人で悩んでいた治療や生活上の様々な問題に、解決の糸口が見つかるかもしれない。医療者からのアドバイスももらうこともできるという。

   会場は、相模大野ユニコムプラザ 実習室2(相模原市南区相模大野3丁目3番2号 bono相模大野サウスモール3階)。定員は30名。参加費は無料で、申し込みは不要。

問い合わせ先は、北里大学病院 がん支援センターまで。電話番号は042-778-9578
または相模原協同病院 患者総合支援センター 電話番号は042-772-4291

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

イリノイ大で原因に迫る手がかり

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事