文字サイズ
標準
大きく

誰でもできる研修医指導93

S「ついにこの連載も、最終回だそうですよ」

岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)
岩田健太郎(神戸大学感染症内科診療科長・国際診療部長)

D「ああああ、疲れた。やっと終わりかあ。早く家に帰って録画しといた「リーガル・ハイ」見ようっと」
S「まだ終わってないです。今回やりきってからですよ」
D「もう、今日はいいじゃん。さっさと終わって、帰ろうぜ」
S「もう、本当にやる気がないんですね」

D「あのな、研修医の指導なんてそんなに肩に力を入れてやるもんじゃないんだ。こちらが頭カッカとしてのめり込みすぎると、若い研修医は引いてしまう。やんわり、のんびり、ついでにやる、くらいの心持ちでやってちょうどいいくらいなんだよ。特に医者はマジメな連中が多いからな。少し力抜くくらいで上出来だ」

S「そうですかねえ」
D「大事なのは、続けることだ。継続のために、サステイナビリティを確保するためには疲労、疲弊の回避は必須だ。力入れすぎて燃え尽きるタイプのなんと多いことか。細く長くやっていくんだよ」
S「D先生には細く長いイメージ、まるでないですけどね」
D「ま、オレ個人は太く短く生きていくんだけどな」
S「やれやれ」
D「さ、というわけで、さっさと帰ろうぜ」
S「はいはい。ときに、D先生ってなんでDなんですか?」
D「はあ?知るか。ていうか、なんでお前はSなんだよ」
S「えっ?そう言われれば」

「ああ、いたいた。こんなところに。もう、戻りますよ」
D「なんだ?なんでこんなところに麦わら帽子の農民がいるんだ?」
「なんでじゃないですよ。すぐに村を抜け出して。こないだは、自分を伝説の騎士とその従者と思い込んで訳の分からない旅に出てたかと思うと、今度は日本の医者だと思いこんで医療と教育の真似事をしだして。どうしてこの二人はこう、思い込みが強いというか、妄想系というか、、、あんたらは日本なんて関係ないんだから、ここはラ・マンチャですからね」
S「全部妄想??」
D「私、妄想??」

おわり

[楽園はこちら側 2017年3月31日より転載]

楽園はこちら側
http://georgebest1969.typepad.jp/blog/

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

4月3日現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット