文字サイズ
標準
大きく

【第7回】「再生医療は進歩し続けている」富士フイルム再生医療事業本部長 兼 再生医療研究所長 畠 賢一郎氏

畠賢一郎氏(右)、塩谷信幸編集長(左)
畠賢一郎氏(右)、塩谷信幸編集長(左)

   近年、先端医療分野で注目されている「再生医療」。

   ヤケドなどで大きく皮膚が損傷した箇所に自家培養表皮(自分の皮膚細胞を使った人工皮膚)を移植するほか、自己血液の血小板を使って骨の再生を促したり、シワ治療をしたりと、さまざまな現場で応用され、今後の可能性も期待されています。

   今回は、塩谷編集長が神奈川県足柄上郡開成町にある富士フイルム先進研究所を訪ね、再生医療事業本部長 兼 再生医療研究所長の畠賢一郎氏に話を聞きました。

テーマは「融知・創新」

as_20170404162326.jpg

塩谷:広大な研究施設ですね。あらゆる分野の研究所が入っていると聞いています。

:私がいる「再生医療研究所」のほかに、「先端コア技術研究所」「有機合成化学研究所」「アドバンストマーキング研究所」「インフォマティクス研究所」「高機能材料研究所」「医療品・ヘルスケア研究所」、全部で7つの研究所があります。
広さは東京ドームと同じくらいで、6階建の建物に約800人の研究者や研究を補助するスタッフが勤務しています。

塩谷:入口のフクロウの像が印象的でしたが、どんな意味があるんですか。

:「知恵」をつかさどるローマ神話の女神「ミネルヴァ」が、知恵の象徴とされるフクロウを飛ばして、情報を集めるという話にちなんでいます。富士フイルム先進研究所のテーマは、「融知・創新」です。異分野の多様な技術を融合して、5年、10年先の市場を創出し、次世代を担う技術の芽を育てることを目的としています。まさに目的志向型の富士フイルムの研究姿勢が体現化されている施設だと思います。

7つの研究所がワンフロアに集結

通路にもホワイトボードがあり、小さなミーティングスペースが設けられている。
通路にもホワイトボードがあり、小さなミーティングスペースが設けられている

塩谷:できてどのくらい経ちますか?

:開所は2006年ですから、10年経ちました。ところどころに、ほかの研究所の人たちと、自然とコミュニケーションが取れるような仕掛けがあります。例えば、いちばん人が交差するエリアは図書館になっているんです。建築デザインの段階から、研究員が知恵を出し合ったと聞いています。施設全体で、グッドデザイン賞を受賞しているんですよ。

塩谷:畠さんはいつからここで研究しているんですか。

: 2015年にJ-TECとの兼務の形で再生医療研究所所長に就任しました。最初に来たとき、開放感のある気持ちのいい施設で驚きました。

塩谷:中庭に面して、全面ガラス張りなんですね。

as_20170404162426.jpg
中庭にて

:会議室も研究室もガラス張りで、だれが何をしているのか、良く見えるんです。7つある研究所の執務スペースは、すべて1つのフロアに集まっています。仕切る壁もありません。机の配置もランダムに、斜めに配置されていて、他の研究所のスタッフとも自然とコミュニケーションがとれるように動線をわざと長くしています。

細胞や臓器を生かす時代へ

塩谷:畠さんはこれまで、日本唯一の再生医療専門企業であるジャパン・ティッシュ・エンジニアリング(J-TEC)で自家培養表皮や自家培養軟骨などの開発を手がけられ、誰も挑戦したことがなかった「再生医療の産業化」に取り組んでこれらましたが、今はどのような研究を進めていらっしゃるんですか?

:培養した細胞や臓器が、移植した後に安定して長く生きていくことができる方法を模索しています。現段階の再生医療では、移植した細胞や臓器に栄養を運ぶ血管が届きにくく、栄養不良で死んでしまうケースが多いため、その問題を解決することが課題です。

塩谷:そこにも写真フィルムの技術が活かされているんですか。

:写真フィルムの素材として使われていたコラーゲンの技術を活かして、独自に開発した新しいタイプのコラーゲンを使った研究を進めています。これは、富士フイルムの化学研究における基盤技術があるからこそできる研究です。

塩谷:最後に今後の展望をお聞かせください。

:再生医療研究は、いかにして目的の細胞を培養するかという時代から、移植した細胞をいかにして生きながらえさせるか、その方法を検証する時代へと変わりつつあります。異分野の研究チームとも協力し合えるこの環境を最大限に生かして、さまざまな可能性を視野に入れつつ、実用化に向けて取り組んでいきたいと思います

塩谷:再生医療研究が将来、化粧品などにも生かされる可能性は。

:機能性を持った化粧品の開発は個人的にも興味があるところで、一部研究を始めている領域もあります。次の10年で、さらに大きな進歩が期待できる分野だと思っています。

◆◆◆

富士フイルム再生医療事業本部長 兼 再生医療研究所長
畠 賢一郎(はた・けんいちろう)氏

1991年広島大学歯学部卒業、1995年名古屋大学大学院医学研究科博士課程修了。名古屋大学大学院にて培養口腔粘膜細胞を用いた口腔内組織再建に関する基礎的・臨床的研究に従事。その後、骨、末梢神経、循環器等、さまざまな組織再生医療の開発に携わる。口腔外科としては顎変形症、口蓋裂の集学的治療を専門とし、再生医療との橋渡し研究を模索した。2002年には名古屋大学医学部附属病院遺伝子再生医療センター助教授も務めた。 2004年株式会社ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング取締役研究開発部長、2013年より常務取締役事業開発室長に。日本初の再生医療製品である自家培養表皮ならびに自家培養軟骨を上市するとともに、角膜再生のための培養角膜上皮を手がけている。2015年富士フイルム再生医療研究所長、2017年再生医療事業本部長に就任。

医師・専門家が監修「Aging Style」

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット