文字サイズ
標準
大きく

【体験記】お腹は空くのに食べるのが怖い... 「腸閉塞」の苦しみを救った治療とは(下)

   40代のとき腎臓がんの治療で開腹手術を受けたあと、腸の中が狭くなったり、ねじれたりして、内容物が詰まってしまう「機械的腸閉塞(機械的イレウス)」になった斎藤孝幸さん(51歳)。

   完治させるには再手術が必要だが、治療のために開腹手術をしても再癒着する危険性があるため、病院から手術を断られるケースもあるという。斎藤さんはどのような治療を受け、回復したのだろうか。エイジングスタイルの記者が体験談を聞いた。

腹腔鏡手術で治療

― 腸閉塞を抱えながら生活するのは、ご苦労が多かったでしょう。
斎藤:食事に気を付けていても、仕事でお客様と食事をするとなれば、残すわけにはいかない。もし、入院となったら最低1週間は休まなければなりません。私の場合は幸いにも職場の理解があったので、なんとか乗り越えられましたが、いつ襲ってくるかわからない腹痛におびえながら働くのは大変でした。病気になったときの生活の不便やつらさは、体験してみないとなかなか気づけませんね。

腸閉塞治療のため腹腔鏡手術を受けた斎藤さん(2017年3月28日撮影)
腸閉塞治療のため腹腔鏡手術を受けた斎藤さん(2017年3月28日撮影)

― どのくらいの期間、苦しんでいたのですか。
斎藤:約2年くらいです。最初は食事に気をつけてガマンして過ごそうと思っていました。でも、食べられないことって本当につらいんです。最後の晩餐は何にするかって聞かれたら「焼肉」と答えるくらい好きなんですが、そうするともう、食べない苦しみっていうのは一番つらいと実感しました。

― 腸閉塞の治療を受けようと思ったきっかけは?
斎藤:何度目かの再発で受診したとき、医師に「そんなに詰まってなさそうだけど、イレウス管をいれますか?」と聞かれました。
救急で運ばれたときの苦しみやつらさがよみがえってきて、思わず「すいません、それは勘弁してください」と言ってしまったんです。そうしたら「処置をするときは上から放射線が出る。俺たちだってそういう危険を承知でやってるんだぞ!」と強く言われ、「助けてやったのに、文句を言うな」と言われている気持ちになりました。そのとき、二度と腸閉塞になりたくない。完治させたいと思ったんです。

― それから最初にしたことは?
斎藤:まずは、インターネットで腸閉塞の治療方法を調べました。そこで、お腹に数か所小さな穴をあけて行う腹腔鏡手術なら、普通の手術より出血量が少なく再発率は低いと知り、さっそく対応してくれる病院を受診したんです。そして、2015年の11月に腹腔鏡手術を受けました。手術後、先生に聞いた話によると、腹膜と腸が癒着し、腸同士も曲がった状態でくっついていたそうです。手術時間も長かったと聞きました。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット