文字サイズ
標準
大きく

一目ぼれのナゾを探る(下) 似たもの同士がひかれあう?

恋の始まり方によっても変わる?

   一目ぼれで恋に落ちた夫婦と、徐々に関係を育んだ夫婦とではどちらが似たもの同士なのでしょうか。

   オランダの研究者バレルズらが137組の夫婦もしくは同棲中のカップルを対象に興味深い調査を実施しました[2] 。彼らの研究では、一目ぼれで一緒になったのはそのうち40%にのぼり(つきあうようになる前に友達だったカップルは22%程度,ある程度時間をかけてお互いを理解してから恋愛関係になったカップルは34%程度)。意外にもその多さに驚かされます。また、一目ぼれの夫婦たちは外向性や感情の安定性、自分のやりたいと思うことを自由に行える自律性といったパーソナリティの性質に違いが見うけられましたが、夫婦関係の質それ自体は、他のカップルのタイプと違いはありませんでした。

   この研究から言えるのはお互いが似ているかどうかは、どのようにその関係が始まったかによっても異なるということです。

[執筆:川畑秀明 慶應義塾大学文学部心理学准教授]

かわばた・ひであき/専門は感性心理学、認知神経科学。主観性と経験価値の心理とその脳メカニズムを研究し、主に、芸術、美、魅力、ユーザー・エクスペリエンス、デザイン、ユーザビリティ、感性教育、鑑賞行動の解明に努める。ヒトの主観はあいまいで非常に影響を受けやすいため、その影響の関係や因果性に関する心と脳の働きを明らかにし研究に活かす。著書に『脳は美をどう感じるか―アートの脳科学』(ちくま新書)がある。

医師・専門家が監修「Aging Style」

参考文献
[1]Penton-Voak, I. S., Perrett, D. I., & Peirce, J. W. (1999). Computer graphic studies of the role of facial similarity in judgements of attractiveness. Current Psychology, 18, 104-117.
[2]Barelds, D. P., & Barelds-Dijkstra, P. (2007). Love at first sight or friends first? Ties among partner personality trait similarity, relationship onset, relationship quality, and love. Journal of Social and Personal Relationships, 24, 479-496.

この記事の監修・執筆医師

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(9)

2018年1月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事