文字サイズ
標準
大きく

アンチエイジング医療における美容外科――その歴史を振り返る(5)

   最近は世の中の見方も変わってきたが、以前は「美容外科」というものに対して、いろいろな形の「ためらい」があったと思う。まず古い儒教の考えかもしれないが、「身体髪膚(しんたいはっぷ)これ父母に受く。あえて毀傷(きしょう)せざるは孝の始めなり」という、つまり、親からもらった体を大切にすることが親孝行だという、手術そのものへの批判。

   そして、「やましさ」、「胡散臭さ」、「形よりも心」、「危険や失敗」ともろもろのためらいが湧き出てくる。

以前は医学会の偏見も強かった

   「やましさ」や「胡散臭さ」というのは、女性向け雑誌などに並んでいる美容外科の広告やネット上にあふれるさまざまな情報。「痛くない」「その日からすぐ仕事に戻れる」などの言葉が並んでいるのは、どう見てもアヤシイ。

めざすのは安全性が高くリスクの低い美容医療
めざすのは安全性が高くリスクの低い美容医療

   それから「形より心」という概念。今からもう40年ほど前になるが、僕自身が美容外科に関わるようになったばかりの頃は、ずいぶん躊躇があった。医学界の偏見も強く、また当時僕が在籍していたのが大学病院というしばりもあり色々迷ったものである。

   そこでこういう割り切り方をしてみた。もし僕が魔法使いだったとして、魔法の杖でパッと患者を美女に変身させることができたとしたら、そうすることには何の躊躇もないと思うのである。そうすると魔法使いと美容外科医、その違いは何だろうか?

危険性を限りなくゼロに近づける

   我々の所に来る患者が、聞かなくても一番気にしていることは、「痛いかどうか」である。それからもちろん、危険がともなうか否か。そして傷跡が残るか、思い通りにいくのかどうか。痛みもなく、リスクもなく、傷あとも残らない。それで望み通りの容貌に変えられるのならばいいのだろう。

   しかし、美容外科はどんなに簡単そうに思える施術であっても、医療行為である以上、注射一本で医療事故が起こることもあり、リスクをゼロにはできないというのが正直なところだ。

   だが、そうだとしても、医師の抱える課題として、その危険性を限りなくゼロに近づけていかねばならない。

   どうすればより安全性が高くリスクの低い美容外科を実現することができるか。2017年4月13日に大阪で行われた第60回日本形成外科学会のシンポジウムで、関連学会、立法府、行政が連携して、美容医療制度改革に取り組むことになった。これは喜ばしいことだ。

   それから効果については、患者が希望する方向に持って行くという努力が必要になる。幸い、技術の進歩で治療法も多彩になり、患者の細かな要求にもこたえられるようになってきている。

   つまり、安全性の高さと、患者の満足を限りなく追求することが、美容外科、美容医療に関わる医師の務めになると思っている。

[執筆/塩谷信幸 北里大学名誉教授、DAA(アンチエイジング医師団)代表]

医師・専門家が監修「Aging Style」

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット