文字サイズ
標準
大きく

毎月17日は「減塩の日」 日本高血圧学会、1日6グラム未満を推奨

   日本高血圧学会は2017年4月28日、毎月17日を「減塩の日」とするとした申請が日本記念日協会によって認定され、正式に決定したと発表した。

   同学会は「世界高血圧デー」である5月17日を「高血圧の日」と制定し、市民公開講座などを通じて高血圧の啓発を行ってきたが、今回の減塩の日制定によってさらに幅広い分野で減塩の啓発が広がることが期待できるとしている。

ご飯のおかずについつい塩を強めにしてしまうが
ご飯のおかずについつい塩を強めにしてしまうが

日本人は塩分過多?

   同学会内に設けられた「減塩委員会」によると、高血圧の治療においては食塩制限が重要であり、同学会は1日6g未満を推奨している。また、食塩摂取量が非常に少ない地域では高血圧の人はみられず、加齢に伴う血圧上昇もほとんどないことが示されており、高血圧の予防も期待される。

   しかし、日本では塩分の摂取がまだ多く、一般の人の食塩摂取量は男性1日8グラム未満、女性7グラム未満となっており、同学会では1日6グラム未満への減塩を推奨している。 ほとんどの日本人は必要量をはるかに超える食塩を摂取しており、減塩による健康障害は起らないが、低血圧や起立性低血圧で立ちくらみがある場合など、一部の病気の患者は食塩摂取が多いほうがよいこともあるという。

[J-CASTヘルスケア 2017年5月8日より転載]

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット