文字サイズ
標準
大きく

更年期障害で悩む方に

   更年期障害がひどければ婦人科に相談し、場合によってはでホルモン補充療法を検討というのが常識だと思っていたが、まだまだそうではないらしい。

   だいたい更年期という言葉すら女性同士でも使いずらい、という声もある。本当にそうですか?

   もしお悩みの方はぜひ専門医にご相談ください。

   また、更年期で女性ホルモンが急減すると、骨粗鬆症になりやすいのも常識。ぜひその対策もお考えください。

   ちなみにこの話を配偶者に話したら、"え、更年期障害で婦人科?なんの関係があるの?"と言われてしまった。

   灯台下暗しとはこのことである。
[アンチエイジングブログ! 2017年5月18日より転載]

アンチエイジングブログ!
http://blog.excite.co.jp/shioya-antiaging/

この記事の監修・執筆医師

塩谷 信幸
塩谷 信幸(しおや のぶゆき)

北里大学名誉教授
アンチエイジング医師団代表
NPO法人 アンチエイジングネットワーク理事長
NPO法人 創傷治癒センター理事長
医療法人社団 ウィメンズヘルスクリニック東京 名誉院長

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット