文字サイズ
標準
大きく

肺がん治験体験者 佐藤 小百合さん

as_20170413144906.jpg

名前:佐藤 小百合
年齢:43
性別:女性
居住:東京
職業:研究所秘書
がん種:肺腺がん経験者

思いもよらなかったがん宣告

   今から9年前、胃腸炎ではないかと感じる痛みに耐えかねて、近所のクリニックへ救急で診ていただきました。おなかあたりに痛みを感じていたのですが、偶然にも胸からのレントゲン写真を撮っていただき、そこで「お腹はすぐに良くなるが胸に3cmぐらいの影があるよ。CTのある病院で早めに精密検査を受けたほうがいい」と診断されました。

「胃腸炎かと思っていたのに肺?影ってがん?」

   祖父を肺がんで亡くしていたけれど、まさか34歳の私ががんなんて、と、そのときはピンときませんでした。数日間両親や友人に相談していました。一週間後その救急でかかった病院に行きCTをみてもらうと「このデータを持ち至急大きい病院にいきなさい」と言われ、一番早く予約のとれる病院をということで、がん専門病院を紹介していただきました。

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

「敏感肌用」「無香料」表示はマーケティング目的?

美容や健康に関するクイズ集。あなたはいくつわかりますか?

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット