文字サイズ
標準
大きく

社会人が知っておきたいストレス対策 Aging Style×GOOD DESIGNトークレポート(7/上)

   就職、転勤、移動などで新しい生活がスタートし、やっと少し落ち着く5月から6月は、それまでにたまったストレスが原因で心身のバランスを崩す人が多くなる時期でもある。

   ストレスをためない工夫や、社会の中で自分のあり方をデザインするにはどうしたらいいか。Aging Styleとグッドデザイン賞によるコラボレーショントークイベント「Aging Style ×GOOD DESIGNトーク」が5月19日に開かれ、「社会と自分―自分のあり方をデザインする」などをテーマに医師や専門家らが講演した。

ストレスをためない「3R」

   講演したのは、杏林大学名誉教授の古賀良彦教授と、電通デジタル執行役員・並河進氏。

   古賀教授は、小さなストレスでも日々たまっていくとよくないと言い、ストレスを翌日以降に持ち込まないための「3R」紹介した。

杏林大学名誉教授の古賀良彦氏
杏林大学名誉教授の古賀良彦氏

「3Rとは、Rest(休養)、Relaxation(寛ぎ)、Re-creation(楽しみ)。どれも自分の生活の中でできることです」(古賀教授)

   質の良い睡眠をとり、しっかり体を休める。寛ぎや楽しみには、アロマなどの香り、リラックス効果が期待できる食品、簡単に取り組めて楽しめる塗り絵なども役立つ。その中でも「香り」の研究を紹介した。

   いい香りを嗅ぐと本当に寛げるのか。古賀教授はレモンやラベンダー、コーヒーなどのいい香りを嗅いだときの脳波を調査した。その結果、ラベンダーの香りが脳内のリラックス度を示すアルファ波を多く出すことがわかった。

   では、コーヒーの香りはどうか。調べてみると、ガテマラの香りはアルファ波が多く、マンデリンは少な目で、コーヒー豆の種類によっても違うことがわかったという。

「楽しむことは、脳の血流がよくなり活性化につながると考えられます。脳の血流量はラベンダーよりもレモンの方が優位でした。また、ピーチの香りは、脳の知的な働きをつかさどる前頭前野の血流量をアップさせることも分かりました」(古賀教授)

注目情報

有益で確かな情報をお届けするという編集方針です。

腹囲、BMIが基準値未満でも安心できない

高齢者の健康や孤独感に大きく影響することとは

意外と知らない薬の基礎知識をクイズで学びましょう。

2017年5月現在、49名の医師や専門家が「Aging Style」に参加しています!

おすすめ記事
関連サイト

独自の視点でビジネス&メディアをウォッチ。毎日更新。

J-CASTニュース

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット